プールで歩くことのメリット




寒い時期は運動不足になりがちです。

運動不足解消に、プールはいかがでしょう?

プールは泳ぐためだけの場所ではありません!


例えば、プールの中を歩くだけでも

いろいろな運動効果が期待できます。



【水中で運動するメリット】


・水温

二戸スイミングスクールの水温は

平均30.5度です。 人間の体温より低い温度ですが、

その場合、人間の体の反応として、 体温を一定に保とうとする働きが

あります。 その働きが、より多くのエネルギーを

消費させます。

・水圧

プールの中では水圧がかかります。

特に水の中に入っている下半身は

常に水圧がかかっており、 血液の循環がスムーズになります。

心拍数も陸上の運動より少なくなります。


・抵抗

プールでの横方向の移動には、 水の抵抗がかかります。

水中で早く移動しようとすれば

抵抗も大きくなり 運動効果もアップします。 自分で負荷を調節しながら 運動できるのもメリットの一つです。

・浮力


水の浮力で、足首、膝、腰、 各関節にかかる負担は、 陸上の約3分の1程度。 首まで水中に入ると、 10分の1まで減ります。

各関節への負担を減らして運動が

できるのです。

足も陸上より簡単に持ち上がり

可動範囲も広くなります。

それらがリハビリ等に適している

理由です。


【プール(水中)の歩き方】

前を向いて歩く 横を向いて歩く 後ろ向きに歩く

歩幅を大きくとって歩く 膝を高く上げ歩く 腰をひねりながら歩く

かかとを上げたまま歩く 少し速く歩く

スキップする

ジャンプしてみる

片足ケンケン


などなど・・・


まだこの他にもいろいろな

歩き方があります。


上記の歩き方だけでも結構な運動量ですが、

さらに、上半身、腕、肩、の運動を

組み合わせることにより、 全身を動かすことができますし、

より多くの運動効果が得られます。



自分で水中運動を楽しみたい方には 「メンバーズ会員」をおすすめします。

全くの初心者には、コーチが指導する 「流水健康コース」をおすすめします。

無料で体験できますので、気軽にご連絡ください。


閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示